MENU

銀行カードローンの申し込みってどうやるの?

銀行カードローンは、メガバンクを中心に人気の高い商品が多いです。

ただ、一つ覚えておきたいのは、基本的に預金者を対象にした商品だということです。
もちろん、口座を持っていなくても申し込みができるケースもありますが、基本的に口座を持っている人に対するサービスなのです。

そのため、土日には申し込みができなかったりするデメリットはありますが、住宅ローンを持っている人に対しては優遇金利を適用したりするメリットもあります。
カードローンの審査では他社借り入れや住宅ローンの影響はマイナス面に働くと思われがちですが、その銀行でカードローンを申し込むにあたっては、住宅ローン利用者に対するサービスとしてカードローンを提供していることもあります。

申込方法自体は、大手消費者金融同様にWEBでもできますし、支店内の無人窓口での申込も可能です。
大手消費者金融同様に、無人窓口での申込であれば、その場でローンカードが発行され、郵送なしになる利点もあります。

本当に金利って安いの?

メガバンクのカードローンは、大手消費者金融に比べて低金利に設定されています。
大手消費者金融の最高金利が18%程度なのに対し、メガバンクは14%程度です。
ネットバンクの中には、対象者限定ながら最高金利が10%を割っているような低金利カードローンを提供していることがあります。

カードローンに限りませんが、銀行の貸付金利は借り手の信用によって決まります。
大企業の正社員の方のように、信用が高い人であれば同じ銀行カードローンを申し込んでも、融資限度額が高くなり、金利は下がるはずです。

また、銀行との取引が多かったり、取引期間が長かったりする顧客は優遇されるのが銀行の常です。
口座開設とともにカードローンを申し込んだ人に比べれば、取引期間が長い人は融資限度額が高く、金利は低くなりやすいです。

ただし、銀行カードローンは銀行自体の「個人向け営業に対する姿勢」にかなりバラつきがありますから、必ずしも低金利だとは言い難いことも事実です。
銀行カードローンによっては最高金利が年利18%というケースもあります。

また、消費者金融を傘下に収め、そのネーミングをそのまま使っている場合は、金利などの貸付条件を消費者金融当時のまま引き継いでいるようなケースもあります。

審査って本当に厳しいの?

銀行カードローンの審査は厳しいといわれることが多いです。

この「厳しさ」については、程度問題があるので一概に是非の判断が難しいです。
しかし、最近の銀行カードローンの多くは、その審査を銀行の保証会社を使わずに傘下の消費者金融などに審査を任せているケースが多いです。
つまり、審査は消費者金融並みなのです。

このような話を聞くと、銀行カードローンの審査は甘いのか?といわれるかもしれませんが、実際には銀行カードローンの審査落ちになる人も少なくありません。

これは、銀行カードローンの金利が安いためです。
金利が低いということは、貸し手はリスクをとることができません。
そのため、信用度合いが低い人は審査に通らないのです。
職業によって銀行カードローンは審査が厳しくなるといわれるのは、このような理由です。

その反面、銀行カードローンは在籍確認がないこともあります。
口座を持っていて給与振込をしていれば、あえて在籍確認をする必要がないという判断がされることもあるためです。
在籍確認がなければ、申込からローンカード発行までの時間も短縮されます。

即日融資ってできますか?

銀行カードローンを利用する人の多くは、即日融資を希望していることが多いです。

銀行のローンカードは即日発行が可能?と疑問に思われる方もいらっしゃるようですが、審査が特に問題なく通れば、消費者金融同様に即日発行は可能です。
銀行によっては大手消費者金融同様に申込日に自分の口座に振り込みをしてくれるケースもあります。

ただし、自行口座しか対応してくれませんので、他の銀行への振込は基本的にできません。
銀行のローンカードは即日発行が可能?と心配に思う人の中には、窓口などで手続をしないとローンカードが送られてくるのではないかと心配している人もいらっしゃるようです。
一部のネット銀行では、銀行カードローンを契約してもローンカードを発行せずに、キャッシュカードをそのまま利用できるケースもあります。

このようなネット銀行のキャッシュカードを見ると、カードローンの場合はこちらと小さく矢印が付いていることがあります。
WEBで確認していただければいいのですが、キャッシュカードとローンカードを一体化させていれば、郵送物は全くなくなります。
審査が終われば、キャッシュカードでカードローン利用が可能になります。
ただし、即日融資の可否は銀行によって違うため、事前にWEBなどでの確認は必須です。

消費者金融と何が違うの?

ここまで読んだ人の中には、銀行カードローンと大手消費者金融は同じではないかと思われる人も多いかもしれません。
確かに審査を傘下などの消費者融に任せているため、実質的に同じといってもいいでしょう。
にもかかわらず、大手消費者金融より使い勝手がいいことがあるため、銀行カードローンを利用するメリットがあるといえます。

ただし、住宅ローン利用を今後考えている人にとってはデメリットにもなりえます。
銀行カードローンを持っている人が住宅ローンを利用しようとする場合、審査の際に銀行系信用情報機関のデータを利用するため不利になる可能性があります。
住宅ローンに影響が及ぶのです。

このことは、新規のみならず借り換えを考えている人であっても同様です。
これに対し、消費者金融のカードローンは信用情報機関が違うため、住宅ローンに影響が及ばない可能性が高いです。

日本には信用情報機関が3つありますが、銀行系は他の消費者金融系・信販会社系とは加入している金融機関の違いから、データが取れないことが多いのです。
そのため、銀行カードローン利用者が住宅ローンの利用や借り換えを考えるのであれば、いったん解約することをお勧めします。

総量規制ってあるの?

消費者金融でカードローンを利用しようとすると、年収の3分の1までしか借りることができない総量規制の壁に阻まれることがあります。
これは、総量規制が消費者金融を規制している貸金業法という法律に基づいているためです。
年収が高くて信用力があっても、年収の3分の1以上の限度額はあり得ないわけです。

しかし、銀行には貸金業法が及びませんから、年収にかかわらず貸付が可能です。
信用が高ければ年収の3分の1以上の限度額を設定してもらうことが可能な点は、銀行カードローンの大きな魅力です。

また、銀行カードローンによっては専業主婦専用ローンを設定していることがあります。
旦那さんの年収が多ければ、専業主婦の方に貸付をしても返済可能です。
この場合は専業主婦の方が旦那さんに内緒で借り入れをしているため、無理にでも返済してくることが多いのです。
そのため専業主婦向けの銀行カードローンが成立しているのです。

どうやって返済するの?

銀行カードローンの返済方法は、消費者金融と変わりありません。
ただし、口座引落を希望するのであれば、その銀行の口座からしか引き落としをしてくれないので注意が必要です。
銀行によっては、その銀行に口座がなくてもATMからの返済でも可能な場合があります。

また、毎月の返済額以上に返済をする繰上返済や残額一括返済も可能です。
コンビニATMの利用手数料が無料であることも多いため、消費者金融のカードローンより有利だといえます。
滞納や延滞があると、銀行の対応は消費者金融より厳しいです。

消費者金融は返済の延期などにも応じてくれやすいのですが、銀行カードローンはあまり融通が利きません。
職場への電話に始まり、債権確認をして給料の差し押さえをするタイミングも結構速いです。

更新履歴